最近のミルクキュンエピソード

恋人は留学中に出くわしました。恋人は普段はほんのりシャイなのですが、イングリッシュもでき、手厚くうれしい人となりのために、誰からも好かれるようなお客でした。またそういう恋人はお酒に凄く強く、お酒が入るとやはりのごとく口も達者になるので、飲み会には欠かせないといったようなお客でした。俺は以前から恋人にちょっと好意を抱いていた結果、お酒が飲めないのにもかかわらず、飲み会に参加したというのもありました。但しアッという間にテンションが悪くなり、恋人という2人で感じを吸いがてらウォーキングに現れることにしました。その中途恋人は最後まで男性に振舞ってくれたので一体全体良かったです。まず私としては酔っぱらう要所自体がはじめてだったのであたふたしていたのですが、俺がしんどそうな時はアッという間に止まって顔色を伺ってくれました。また何も言わずに水を買い俺にギフトしてくれました。散歩して掛かる中途も、車道位置付けを歩いて受け取るのはもちろん、私の留学行く末は地方だった結果たいして治安がすばらしく危ういことはなかったのですが、でも夜で他国ということもあり、人影を見つけると立ち止まり外観を見てくれました。フィールドとしていた公園に着き、上にも無く、ブランコや滑り台で2人で遊んだのですが、俺が滑ろうからには急に後ろから押してきたり、ブランコをたくましく押されたり、普段はシャイでクール恋人からのなんとなくの一面に驚き一部分、私だけが知ってるというという嬉しくなりました。後々両方ブランコにのぼり1年月以来言い出し続けたのですが、お互いの中学校、高校生時代の問題や、入っていた部活やムーブメントの問題、パートの問題、嗜好や好きなドラマや正式の問題など何かと恋人の狙いをわかることができたのも凄い嬉しかったのを覚えています。そうしたらこれは後日談になるのですが、俺がお勧めしたドラマをちゃんと装いたり、俺が幻想コネクションや喜劇の雑誌がフェチといったことを覚えてくれていて、恋人のオススメの雑誌を何週間か後に貸してくれました。今も恋人はなかいいのですがこの時が一番キュンとしました。ドラゴンストラテジー ディライト